自社農園

IMG_2520.JPG

農業従事者の高齢化による後継者不足、耕作放棄地の増加など農業を取り巻く環境を目の当たりにし、山形の農業を守り紡いでいくために20代30代を中心としたメンバーで自社農園の運営に取り組んでいます。

写真 2021-03-08 14 23 18.jpg
IMG_2175.JPG
IMG_20210604_112017.jpg
IMG_20210511_145023.jpg

草木が生い茂る荒れ地を手作業で草刈り・整地作業・ハウス建設から自社農園はスタートし、風土に合った様々の農産物を生産しています。何事も挑戦という精神から地域に合った農作物を栽培し、より高品質で効率よい作物栽培が可能となる研究に日々力を注いでいます。農園で収穫された果物は、主に自社販売や自社運営カフェなどに活用されており、更なる規模拡大に向け維持向上に努めてます。

 

S__34832577.jpg

これまで大玉すいか・さつまいもなどをはじめ、自社品種の桃やいちご等と新たな商品に向け畑を管理しています。

 

自社農園では農業後継者問題を解消すべく、農家より作業委託や高所作業等を受け、昔ながらの知恵や経験を継承しながら共に農地を守る活動をしています。年々増え続ける放棄地を活気のある土壌に再生し、畑の活用に向けて山形ブランドを促進する土台となります。

組織や業種、年代や立場を超えたコミュニケーションの場ともなっており、「山形の農業を守る」を具現化する取り組みとして、多くの農家に親しまれています。

山形の農産流通に携わり、多くの品目にチャレンジしながら、品質を追求できる生産者となれるよう挑戦し続けます。